苦役列車



西村 賢太

友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働で生計を立てている十九歳の貫太。或る日彼の生活に変化が訪れたが…。こんな生活とも云えぬような生活は、一体いつまで続くのであろうか―。昭和の終わりの青春に渦巻く孤独と窮乏、労働と因業を渾身の筆で描き尽くす表題作と「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を収録。第144回芥川賞受賞。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

芥川賞受賞ということで特設コーナーにあったので借りてみた。あくまで自分の感想なのだが、そもそも芥川賞というもので面白いものはあまりないような気がしていた。しかしこれは・・・ちょっとよくわからないぞ・・・どこが苦役?どこが列車?この本を読んで、どこをどういうふうに感じた人がいるのだろうか。きっと、その感性がおいらには欠けているのだろうな。